blogram投票ボタン

2007年09月02日

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

 友人と観てきましたよ、ハリポタ。

公開終盤とあって日中は吹き替え版しかないの。

子供に人気の作品だから吹き替え版となると予想どおり夏休み最後のお子さまが半数以上を占めています。

さらに最後尾席に座ったため、頻繁に出入りするお子さま達が多く気が散るわぁ。
該当の列の人も邪魔だったろうに。

しかも煎餅か何かを持参しちょる輩もいて「ガサガサ」袋の音と「ボリボリ」食べる音が響いちょる(ーー;)

家で見てるんじゃないんだからさぁ〜。


 さて、今回の映画。
率直に申しまして「ねらわれた学園」みたいです。
魔法省による学内統制で封じ込みをはかる。
先生が厳しく校則を作り、魔法も教えてくれないので、ハリー達は来るべき闘いに向けて自ら仲間と一緒に魔法の練習を内緒でやる。

そして敵はあるものを探しており……


簡単に書くとこんな感じだったかな。
あんまり詳しく書くと観る楽しみがなくなるからね。

今回は比較的戦闘も少なく暴力的シーンもあまりないので楽に観られました。
ハリーの心の動きを観察しながら見ると面白いかと思います。

約2時間ほどの映画ですが中盤からはあっという間に時間がすぎていきますよ!
posted by ケン坊 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

スタンドアップ(映画)

スタンドアップ 特別版スタンドアップ 特別版
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] スタンドアップ 特別版
[出演] シャーリーズ・セロン
[レーベル] ワーナー・ホーム・ビデオ
[監督] ニキ・カーロ
[種..
>>Seesaa ショッピングで買う



 女性が社会進出したころの話、といっても約20年ほど前。
男性と同じ条件で鉱山で働くのだが、そこに待っていたのは酷いセクハラ。
不況下の中、男性並みに高給を得るためには我慢するしかない。
男性の考えは「女性が俺たちの仕事を奪っている」からセクハラが原因でやめてもらっても一向に構わない。
 会社も同じ考えなので、組合に訴えてももみ消されてしまう。

そんな中、一人の女性が裁判で会社に訴えるわけだが…組織ぐるみでセクハラを否定。

最終的に彼女は裁判で勝つのだが、そのプロセスが感動なのだ。
世界的に女性が同等の権利で働く法律ができるきっかけとなった実話を元に作った映画、面白いですよ。
posted by ケン坊 at 17:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

ホワイト・プリンセス

[タイトル] ホワイト・プリンセス
[出演]
[レーベル] 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
[監督]
[種類]..




この映画は大統領の娘の話。

普通の大学生活を送ろうと寮に入るが24時間SPが警護していて自由が利かない。

そんな中、寮長に恋をするのだが・・・・

要人の家族の苦労が垣間見えるコメディーですかね。

主演がトム・クルーズの愛娘!注目です(^^)b
posted by ケン坊 at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

イン・ハー・シューズ




今日はもう1本、映画を紹介します。

自分にとって洋画は誰が配役だろうとあんまり関係ない(つ〜か誰だか知らない)ので内容のみの感想になるんだよなぁ

 これ、なかなかの感動作ですよ。

弁護士の姉と何をしてもトラブルになり仕事が続かない妹。

こんな二人なのであまり仲は良くなかったのだが、互いに人生の転機を迎えて理解しあう。

その鍵を握るのが過去に暗い秘密を持つ祖母。

姉妹の絆、家族愛に仲間の手助けなど今の世の中でなくなってしまった何かを思い出させるような映画でした。
posted by ケン坊 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンデレラ・ストーリー





最近、サスペンスものばかり見ていたのでたまには何も考えずにボケーっとみられるものを選びました。

まぁ、主人公がカワイイかったからというのもありますが…たらーっ(汗)

 タイトルにシンデレラと入っているだけあって、内容はそれに近い、かな。

意地悪な継母とその娘もでるし、王子のような役は高校アメフトのエースといった具合。

ガラスの靴の役割が携帯電話ですかね。

いじめられながらも頑張る少女に幸福は来るか!?

 なんか、昔フジテレビが製作した「ぼくたちの映画シリーズ」の米国版みたいあせあせ(飛び散る汗)
posted by ケン坊 at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

Mr.&Mrs.スミス




これほど壮絶な夫婦ゲンカはあったでしょうか。
それもそのはず、この夫婦は別々の会社のプロ・スイーパー(暗殺者)だったのです。
たまたま仕事中にお互いのことがバレてしまい、48時間に始末しないといけなくなる。
倦怠期中の仲も重なってスリリングかつ大胆な戦いは面白いです。

ボクも将来結婚したらこうゆう気持ちになるのかなぁ(笑)
posted by ケン坊 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。